足痩せにはストッキングが有効

stk

夕方になると足がむくんでパンパンに・・・なんてことありませんか?
ジム仕事や立ち仕事に限らず、夕方のむくみって結構つらいものがあります。

みんなむくみに悩んでいる、と思いきや「むくみ」の悩みがない人もいるのは事実です。
むくみにはいくつか原因がありますが、そのうちの一つに身体のめぐり(血流)があります。
人の身体は心臓から送り出された血液がポンプのように循環しています。
そして、この循環を助ける役目が筋肉です。
女性は男性より筋肉量が少ないので、むくみやすい人が多いのです。

また、足が冷えるも要注意。
冷えもむくみの原因と言われていますが、やはりこれも筋肉量がある程度関係してきます。
というもの、筋肉量が少ないと基礎代謝量が少なく体温が上がりにくいのです。

では、むくみ対策に筋肉をつければいいのかというとそう簡単でもありません。
足は細い方がいいのに、わざわざ筋肉をつけて太くしたいなんて思いませんよね。
そんなときにお薦めしたいのが着圧ストッキングです。

締めつけられてイヤという人がいらっしゃるのは事実ですが、足の要所要所を締める(というか加圧する)ことによって、血流を促進し身体のめぐりを良くしてくれます。
また、保温効果も高いので筋肉をつけなくても、代謝をあげることもできるのです。

そして、一番のメリットはすぐに足が細く見えるというもの!
足に圧力をかけて形を整えてくれますので、すぐに足やせ効果があるのです。
もちろん、着圧ストッキングを脱いだらそれまでですが、毎日着けていることによってだんだん足も綺麗になってきます。

こちらでおすすめの着圧ストッキングが紹介されています。
すぐにむくみ対策&足痩せしたいという人におすすめです。

ダイエット中に飲みたいドリンク

su2

ダイエットを成功させるなら、食事制限をすることが大切です。
食べなければやせる。
誰もが知っていることですよね。
ですが、意外と見逃してしまいがちなのが、飲み物です。
飲み物にだって、きちんとカロリーがあるんです。
いくら食事制限をしても、高カロリーの飲み物をゴクゴク飲んでいては、いっこうにやせることができません。

では、ダイエット中にふさわしい飲み物なんなんでしょう?
いくつかピックアップして、ご紹介してみようと思います。
飲み物といったら、まずは『水』を紹介しなくちゃいけませんよね。
水を摂取することで、体にたまった老廃物をスムーズに排出することができます。
便秘も解消してくれます。

それから、食事の前にコップ1杯の水を飲むだけで、空腹感をおさえることができるので、必要以上に食べてしまうのを抑えることができちゃいます。
ダイエット中は食べる量が減ってしまうので、食物に含まれている水分の摂取量も同時に減ってしまいます。
そのため、ダイエット中は体内の水分が少なくなって、体がむくみやすくなる、意識して水を飲むことは大切です。

緑茶も、ダイエットにおすすめのドリンクです。
緑茶にはコレシストキニンという消化を助けてくれるホルモンが含まれています。
コレシストキニンには食欲を抑える働きもあるので、おなかがすいてしまったときに飲むのも効果的です。
運動をする前に緑茶を飲むと、脂肪燃焼の効果があがるとも言われています。
緑茶は炭酸飲料やカフェオレなどのように砂糖を入れずに飲むものですので、ダイエット中に積極的に取り入れたい飲み物の1つです。
食事のあとに飲むなら、お酢ドリンクがおすすめです。
お酢には食欲を増進させる働きがあるので、食事の前に飲むのは控えましょう。
お酢ドリンクを食後に飲むと、利尿作用が活発になります。
体にたまってしまった余分な水分を排出してくれるので、体をすっきりすることができます。
また、お酢に含まれているクエン酸が働くと血糖値が下がります。
血糖値が下がるということは、食べたものが体の脂肪になりにくいということです。
お酢ドリンクを飲むだけで、肥満予防につなげることができちゃいます。
お酢には血液をサラサラにする働きもあるので、健康にもうれしい飲み物です。
ダイエットと同時に、美容や健康にも効果的なお酢ドリンクですが、飲みすぎには注意しましょう。
胃が空っぽのときにお酢を飲むと、お酢の刺激によって胃腸があれる可能性があるので注意が必要です。

エノキタケはダイエットに効果あり!?

enoki

冬のお鍋に必須の食材・エノキタケ。
鍋のとき甲斐はあまり食べないという人は多いのではないでしょうか?
しかし、実はそれはとてももったいないことなのです。

近年の研究でエノキタケには高いダイエット効果がある事が判り、注目されてきています。
エノキタケには「キノコキトサン」という成分が豊富に含まれており、この成分は体内の余分な脂をからめとって体外に排出する効果があるのです。
また、体内で脂肪が吸収されにくくする効果もあり、この2つの効果がダイエットにとても効果的なのです。

このキノコキトサンはグルテンとキトサンの化合物で、腸の中の油を絡め撮ると同時に食事としてとった脂の周りに薄い膜を張って吸収しにくくくしてくれます。
また、エノキタケの食物繊維が腸を刺激して、腸のぜん動を促す効果もあるため便秘にも効果的なのです。
エノキタケ自体は低カロリーなので毎日食べてもダイエットには問題ないのも魅力です。

エノキタケは1日あたり100グラム程度摂取するのが理想と言われていますが、なかなかエノキタケばかり食べられないのも現実です。
そこでみじん切りにしてカレーやマーボー豆腐などに混ぜてみてはいかがでしょうか?
エノキタケ自体はクセがないので色々な料理に混ぜられますし、ご飯をかさ増しして、満腹効果も得られます。

オススメなのはエノキをみじん切りにして煮た後に冷凍する事。
冷凍するときはお団子状にしておけば、毎回適切な量を使うことができます。
お味噌汁を作るときに、最初に入れておけばエノキの味噌汁に早変わりする優れものですよ。
油ものが好きな人にはぜひお薦めしたいダイエット法です。

ミックスナッツはダイエットに効果的!

nat

ミックスナッツというとビールのおつまみ、というイメージが強いのですが、実はダイエットの強い味方なのをご存知でしょうか?
一方でナッツ類には油が多いから、と敬遠されている人もお岡と思います。
ナッツ類に油が多いのは事実ですが、実はナッツ類の油は不飽和脂肪酸であるn-3系脂肪酸。
肥満の原因となりやすい飽和脂肪酸と違って身体の調子を整えてくれたりする良いオイルなのです。

ナッツごとn-3系脂肪酸(オイル)を摂ることによって、身体の調子も整いますし、ナッツの食物繊維によって満腹感が得られ食べすぎを防ぐほか、お通じも良くなるとイイコトすくめなのです。
また、ミネラルやビタミン類も豊富に含まれるのも特徴です。
さらに種(カボチャなど)が混じっているナッツはさらにベター。
種には女性に不足しがちな鉄や亜鉛が豊富なのです。

ちょっと小腹がすいたなというときに手のひらに乗るくらいのナッツを食べるのがおすすめ。
可能であれば、無塩のナッツがおすすめです。
たしかに塩分が効いたナッツの方がおいしいのですが、塩分の摂りすぎはむくみの原因となってしまいます。
せっかくダイエットのためにナッツを食べても、むくみで足が太くなってしまっては元も子もありません。

また、ナッツの食べすぎも要注意。
いくら体に良いといってもオイルはカロリーが高いので食べすぎは肥満の元です。
あくまで小腹を満たす程度にしておきましょう。

ダイエットにピッタリの飲み物は、これ!

juice

ダイエットというと、ついつい食事に注意が行きがちですが、食事と同じように毎日口にする飲み物にも注意をはらいたいですね。
ジュースを飲むと太りそうだから控えているという人や、お茶を飲んでいるという人も多いかもしれません。
ですが、どうせなら脂肪を燃やしてくれたり、むくみを解消する効果があるものを飲みたいですよね。
では、具体的にダイエットに効果がある飲み物はなんなのかを、書いていきたいと思います。

まず、基本中の基本として、ダイエット中はジュースを飲むことは控えましょう。
炭酸飲料には想像以上に砂糖が入っています。
せっかく食事制限でカロリーをおさえても、ジュースを飲んでいたら逆に太ってしまう可能性もあります。
コーヒーや紅茶に砂糖を入れるのは、ひかえたほうがベストです。
ダイエットには、お茶がピッタリの飲み物です。
お茶には脂肪の燃焼をうながしたり、脂肪の吸収を穏やかにしてくれる作用があるからです。
では、どんなお茶を飲めばいいのでしょうか?

脂肪を燃焼をし、ダイエットにピッタリのお茶といえば「黒ウーロン茶」があります。
黒ウーロン茶に含まれているポリフェノールは、普通のウーロン茶のものと比べて、脂肪に効果的に作用するといわれています。
ウーロン茶はマイナスカロリーの飲み物だということも、ぜひ注目したいポイントです。
わたしたちの体は、飲み物を飲んだ時にわずかばかりですがカロリーを消費しています。
低カロリーのウーロン茶は、摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが大きくなります。
飲むだけでカロリーが消費されるのは、嬉しいポイントです。

緑茶も、ダイエットにはピッタリな飲み物です。
緑茶に含まれているカテキンは、脂肪の吸収を抑制します。
また、血の流れをよくし代謝を高めてくれる作用もあります。
お茶を飲む時には、飲み物の温度にも注意してみましょう。
冷たいお茶を飲むよりも、あたたかいお茶を飲んだ方が、ダイエットには効果的です。
あたたかいお茶を飲んで体温をあげることで、脂肪が燃えやすくなるからです。
食事のあとに、あたたかいお茶を飲むと、食事で摂取した脂質や糖質の吸収をおさえる働きがあります。
食事のあとには、ぜひ積極的にあたたかいお茶を飲みましょう。

反対に、冷たいお茶の代表である麦茶ですが、麦茶にはむくみを解消する効果があります。
ミネラルと食物繊維も豊富に含まれています。
ダイエットで食事制限をすると食物繊維の摂取が減ってしまう可能性もありますので、麦茶で上手に取り入れるのもいい方法ですね。

短期集中ダイエットに、おすすめの運動は?

kintore

短期集中ダイエットを成功させるなら、食事制限をすることと同時に運動もおこなうことが大切になってきます。
食事制限をがんばっているのに、なかなか体重が落ちないという人は、基礎代謝の働きが鈍くなっている、やせにくい体になっている可能性があります。
運動をして筋肉をつけ、やせやすい体にすることが短期間ダイエットには必要です。
ですが、普段運動をしていない人が、急に激しい運動をするのはひかえるべきです。
体を痛める場合もありますし、あまりのつらさに一日でリタイアしてしまう可能性もあります。
まずは簡単にできるストレッチからはじめ、じょじょに体を慣らしていき、運動量を増やしていくのが理想です。

また、基礎代謝をあげるためにも、筋力アップを見込めるエクササイズからはじめるのも、大切です。
おすすめの運動は腹筋をすることです。
腹筋は、とても大きな筋肉です。
ですから、腹筋を鍛えれば効率的に体の中の筋肉量を増やすことができます。
結果として、基礎代謝があがります。
また、腹筋を鍛えれば、おなかのぜい肉を引きしめることもできるので、おすすめです。
寝るときにベッドに横になった時に、ついでに数回、腹筋をすることを心がけるといいかもしれませんね。
同じく、太ももの筋肉もとても大きくなっているので、積極的に鍛えていきたいですね。
太もものエクササイズでおすすめなのが、バッグキックです。
壁に両手をつけて立ち、足をまげないよう意識しながら、ゆっくりと後ろに蹴るだけです。
テレビを見ながら簡単におこなうことができますし、太ももと同時にヒップアップの効果もあります。
スカートを綺麗にはきこなしたい人に、おすすめのエクササイズです。

スクワットも太ももを鍛えるエクササイズです。
ふくらはぎにも効果があるので、足全体を細くしたい人は、積極的に挑戦してみましょう。
二の腕を細くしたい人におすすめのエクササイズも紹介します。
まずは床に体育座りをします。
このとき、背筋をまっすぐにキレイにのばすことを意識するといいですね。
次に、両手を体のうしろにつけて、ゆっくりとヒジをまげていきましょう。
ちょうど、腕立て伏せをするような感じです。
普段使うことのない二の腕の筋肉がプルプルと鍛えられていく感覚がわかると思います。
この運動も、テレビを見ながら手軽におこなうことができます。
ダイエットというと、激しい運動を想像してしまいがちですが、その前に、きちんと脂肪を燃やせる体を作ることが、とても大切です。

二週間の短期集中ダイエットに挑戦

ダイエットを成功させるポイントは、ストレスをためずに続けることです。
そのためには、無理のなり食事制限や簡単にすることができる運動を続けることが大事です。
けれど、どうしてもすぐにやせたい!って時も、ありますよね。
彼氏や好きな人とのデートが近づくと、少しでもキレイになりたくて、やせたいと思うのは、女性なら当然のことだと思います。

そんな時のために、短期間で集中的にダイエットする方法を覚えておくと便利です。
たった2週間ですが、体つきや見た目をガラリと変えることができます。
食事制限と運動。
どちらもおこなうことは大変です。
ですから、片方だけのダイエットをしたいな……、っていう考え方では、2週間の短期ダイエットは成功しません。
2週間でやせたいと本気で思うなら、食事制限と運動の両方をおこなう必要があります。
ダイエットを成功させるポイントの一つに、目標をオープンにするという方法があります。
今、自分がダイエット中であることや、あと何キロやせたいなどを友達に話すのが効果的です。
ブログやSNSに書きこむのも、いいかもしれません。
一人で黙々とダイエットをしているよりもモチベーションがあがり、ダイエットを長続きさせることができます。

睡眠をしっかりとることも大切です。
生活のリズムを整えることで基礎代謝をあがります。
基礎代謝があがれば、そのぶん脂肪が燃えやすくなるからです。
やせやすい環境を整えることができたら、食事制限や運動にチャレンジしていきましょう。
まずは食事です。
食べながらやせる方法もありますが、短期間でやせたいと思うなら、やはり摂取量を減らす必要があります。
日本人女性の一日の摂取カロリーの目安は約1500kcalほどだといわれています。
これよりおさえることができれば、やせやすくなってきます。
目標としては、1200kcalほどにおさえるようにするのがベストです。
また、摂取カロリーを減らすなら、夜の食事の量を減らすのが効果的です。
朝や昼の食事をしっかりと取り、食べた後、寝るだけの夜のカロリーを減らすことで、体に脂肪がつきにくくすることができます。

食事をする時も、最初に食べるものに気をつけるだけで、摂取カロリーをおさえることができます。
ついつい、自分の好きなものから食べてしまいがちですが、1番最初に食べるものを野菜に変えるだけで、ダイエットにつなげることができます。
空腹時は体が栄養を吸収しやすい状態です。
そこで糖質の多いものを食べると、太りやすくなってしまいます。
ですが、血糖値の上昇が穏やかな野菜を食べることで、それを防ぐことができます。
ものを食べる順番を少し変えるだけで、ダイエットになるのは嬉しいですね。

甘いものが食べたい時はゼリーがおすすめ

zeri

ダイエット生活をしてるけど、どうしても甘いものが食べたい!
普段は甘いものを食べない人でも、ダイエット中は欲しくなってしまうっていう人も多いかもしれません。
甘いものは砂糖をたっぷりと使っていて、カロリーも高いからダイエットにはよくないことは、誰もが知っています。

ですが、ガマンし続けてストレスをためてしまうことも、体にはよくありません。
甘いものと上手につきあいながらダイエットを長く続けることが大切です。
甘いものというと、ショートケーキやパンケーキ、シュークリーム、アイスクリームなどを思い浮かべてしまいがちです。
ですが、これらはどれも高カロリーです。
一口パクリと食べるだけで、摂取カロリーが大幅に増えてしまいます。
甘いものを食べたくなったら、カロリーを低いものを食べるようにしたいですね。
では、具体的になにを食べればいいのか、気になりますよね。

おすすめは、ずばりゼリーです。
ダイエットによって食事の量を減らすと、栄養のバランスが気になりますが、ゼリーにはビタミンやアミノ酸などの栄養を含んでいるものもあります。
低カロリーで、栄養の補充もできるゼリーを上手に食事に取り入れてダイエット生活をしていけば、キレイに体重を落とすことができるかもしれませんね。
ゼリーは、コンビニやスーパーで手軽に買うことができます。
また、ゼリーは種類も豊富です。
メーカーによって食感も違ってきますし、いろいろな味も発売されています。
ダイエットを頑張っている自分へのご褒美に、週末に1つ食べるという方法も、いいかもしれませんね。
フルーツがはいっているゼリーを選べば、ご褒美感もアップして、ダイエットを頑張ろうという励みにもなりそうです。

ゼリーをおやつとして食べるのもいいですが、食事の前に食べるのもおすすめです。
低カロリーのゼリーを食事の前に食べるだけで、ある程度の満足感を得ることができます。
結果として、食事の食べ過ぎを防ぐことができます。
食事の前にゼリーをたべるなら、こんにゃくゼリーや寒天ゼリーのように、食物繊維を含んでいるのもを選ぶのがピッタリです。
食物繊維は水でふくれる性質があるから、普通のゼリーと比べて満腹感を得られやすくなっています。
また、食物繊維はダイエット中に積極的に取り入れたい栄養です。
食物繊維は脂肪などを体の外へと運んでくれる働きがあるからです。
こんにゃくゼリーや寒天ゼリーを食べれば、満腹を感じつつ食物繊維もとれて、一石二鳥です。

朝のエクササイズで、やせ体質を手に入れよう

nawatobi

やせたいけど激しい運動は苦手……、という人には、すきま時間に手軽におこなうことができる簡単な運動がおすすめです。
いくつかの運動を覚えておけば、バリエーション豊かに運動を楽しむことができます。
また、手軽な運動を朝にすると、メリットがたくさんあります。
朝に運動をすることで、1日の代謝をあげることができます。
代謝があがると脂肪が燃えやすくなり、結果として、やせ体質になることができます。

朝にエクササイズをおこなえば、体と同時に脳も動くことになって、眠気覚ましにもつながります。
そして、朝のエクササイズの最大の特徴は、おこなうと気分が前向きになることです。
運動をするとエンドルフィンというホルモンが分泌されて、気分が高揚するんです。
ダイエットをしつつ、一日の気分を高めることができる朝エクササイズは、ぜひ挑戦してみたいダイエット方法です。

朝は時間がないので、おこなうエクササイズも短いものにすることがおすすめです。
まずおすすめしたいエクササイズは、「その場ジョギング」です。
約30秒間、その場でジョギングをするだけの、簡単なエクササイズです。
朝からジョギングにでかけるのは、なかなかハードルが高いですが、その場ジョギングならパジャマ姿ででもおこなうことができるから、すぐにでも挑戦することができます。
ジョギングがきついなという人には、「その場ももあげ」がおすすめです。
このエクササイズは、その場で足踏みをする要領で、ももを高くあげる運動になります。
なるべく足を高くあげることを意識するのが、この運動のポイントです。

ダイエット効果を重視するなら、「エアなわとび」がおすすめです。
やりかたは、なわとびをするような動作をまねるだけです。
実際に、なわとびを使って飛んでもいいのですが、エアなわとびなら手軽におこなえることができます。
なわとびは、とても消費カロリーの大きい運動です。
それをまねるエアなわとびも、とても消費カロリーが大きいので、早く体重を落としたいという人は、挑戦してみるのもいいかもしれません。
はじめは、ゆっくりと飛びはじめて、慣れてきたらスピードをあげたり、ジャンプを高くしていきましょう。
どのエクササイズも、朝起きて通勤や通学前の30秒おこなうだけで、やせ体質へと近づけていくことができます。
もちろん、朝だけでなく夜もおこなえば、その効果は大きくなります。
朝のエクササイズに慣れてきたら、時間を長くしたり、やる回数を増やしていくのも、いいですね。

簡単な運動で、効率的にやせちゃいましょう

girl10

効率的に体重を落としてやせたいなって思ったら、食事制限だけでなく、運動もおこなうことが大事になってきます。
食事だけでやせるとなると長く時間がかかってしまいますし、そのぶんストレスも大きくなってしまいます。
運動を取り入れることで、短期間にやせることもできます。

ですが、運動は苦手だからやりたくない!っていう人も多いですよね。
そんな時におすすめなのが、気づいた時にササっとおこなうことができる運動です。
汗を流しながらの激しい運動は、なかなか長続きしませんし、それ自体がストレスになってしまうこともあります。
ですが、簡単な運動を覚えておけば、テレビを見ながらの数分や、寝る前のちょっとしたすきま時間にパパっとおこなえます。
今まで何気なく過ごしてきた時間をダイエットにかえることができるのも、嬉しいポイントなので、ぜひ覚えておきたいですよね。
いつも使っているエレベーター、エスカレーターを階段にかえるだけで、運動量を増やすことができます。
時間があるなら、普段使っている駅を1つずらすというのも、いい手段かもしれません。

さらに手軽におこなえる運度に、「片足立ちダイエット」があります。
その方法は、とっても簡単。
名前のとおり、片足で立つだけです。
片足立ちダイエットの大きなポイントは、いつでもどこでもおこなえることができるところです。
忙しくて運動に時間を割くことが難しい人でも、通勤や通学のすきま時間に、ちょっと片足立ちするだけでOKです。
テレビを見ながらすることもできます。
また、片足立ちダイエットは1分間おこなうだけで50分のウォーキングと同じ効果があるといわれています。
たった1分で大きな効果が得られるから、ぜひダイエットに取り入れたい運動です。

片足立ちダイエットは、下半身の筋力アップにつながります。
筋肉の量が増えれば基礎代謝もあがり、脂肪を燃やしやすい体にすることができます。
筋力がアップすれば、ゆるんでいた足のお肉を綺麗に引き締めることもできます。
それから、片足立ちをすることで体幹を鍛えることもできます。
体幹をととのえれば、体全体のバランスもよくなり、スタイルよく見せることができますし、姿勢がよくなることで、体の余計な部分についていたお肉も、ひきしめることができます。
慣れていったら、ゆっくりと膝をまげると、さらに効果が大きくなります。
きつい運動をせず、片足で立つだけでいいのに、メリットがたくさんある片足立ちダイエットで、やせやすい体質に変えていきたいですよね。