食べすぎちゃっても、これさえ知っておけば大丈夫

ダイエット生活をしていて、「あっ、今日は食べすぎちゃった!」っていう体験は、誰にでも一度や二度はあるかと思います。
そんなときは、ついつい自己嫌悪におちいってしまい、自分を責めてしまいがちです。
もうダイエットなんて無理だからやめちゃおうと、断念してしまう人も多いかもしれません。
ですが、ダイエット中に食べすぎてしまうことは、よくあることです。

また、食べすぎたしまったことで増えた体重も、一日ですべて脂肪になって体につくわけではありません。
くよくよ落ち込んだり、ダイエットを中止するよりも、食べすぎたあとの生活を見直していけば大丈夫です。
食べたものが消化され、栄養として体へと吸収されるのには、だいたい48時間かかるといわれています。
つまり、食べすぎたあとの48時間の生活によって、太るか太らないかが決まってくるのです。
食べすぎてしまったことの後悔も大事かもしれませんが、まずは太らない生活をして、食べすぎてしまったことを、なかったことにしちゃいましょう。

一つ目のポイントは、水を飲むことです。
水をたくさん飲むことで、老廃物を排出しやすくします。
代謝が良くなることも期待できるので、体に脂肪がつくのも防ぐことができます。
一度に大量の水を飲むよりは、コップ1杯程度の水を、こまめに飲んでいくことが効率的です。
水を飲むことは、食べすぎてしまったあとだけでなく、ダイエット中にも簡単におこなうことができるから、覚えておいて損はないですよね。

2つ目のポイントは、野菜を食べることです。
野菜は低カロリーなので、食べすぎてしまったあとのカロリーコントロールに使うにはピッタリです。
いつもより意識して多めに野菜をとれば、食べすぎてカロリーオーバーになっても相殺することができます。
野菜には食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維は余分な脂肪などを体の外へと運んでくれる働きがありますから、食べすぎたあとには積極的に取り入れて食べるといいと思います。
野菜が苦手という人は、野菜ジュースを利用するという方法もあります。
野菜ジュースには、たくさんの栄養素を手軽にとれるというメリットもあります。

3つ目のポイントは運動です。
エレベーター、エスカレーターを使っているところを階段にしてみたり、いつもより少し早歩きしてみるなど、簡単におこなえる運動に置き換えるだけでも、脂肪を燃やすことができます。
食べすぎてしまっても、その後の生活でリセットできることを覚えておけば、ゆっくりと無理なくダイエット生活を続けることができますね。